アラフィフでもできる/ツイッター初心者が失敗をしないために気をつけることとは?

 こんにちは。この記事では、ツイッター初心者がモチベーションを保ちながら、心折れずに続けられる方法を紹介します。

 ツイッターを始めたばかりの段階では、フォロワーの数が少ないですよね。投稿しても投稿しても反応がまばらで、くじけそうになること、ありませんか?

 これから紹介する方法は、わたし自身が実践した方法です。萎えそうになる気持ちを奮い立たせながら、何とかやる気を維持させるのに役立てています。

 2019年9月にツイッターを始めてから、今まで懲りずに続けてこられていますので、きっと効果はあるはずですよ!

  ぜひ、この方法を自分のものにして、長くツイッターを楽しみましょう。

ツイッターを続ける目的を明確にする

 何よりも大事なのか、ツイッターを続ける目的や理由を明確にすることです。

 「なぜ、毎日のようにツイッターを投稿しているのですか」

 あなたはこの問いに、間髪入れずに答えられるでしょうか?

 もし、すぐにはっきり答えられないのであれば、フォロワーの反応がほぼ皆無だったときや、フォロワーが減ってしまったときに、心が折れてしまうかもしれません。

「あれ、なんでこんな苦しい思いをしてまで続けないといけないんだろう」

「フォロワーも増えないし、しんどいし、もうやめてもいいかな」

せっかく意気込んでツイッターを始めたのに、途中でやめてしまうのは、もったいないですよね。

 ツイッターを続ける明確な目的がないということは、マラソンに例えるなら、「なぜ走るのか」がよく分からないまま、永遠と走り続けているようなものです。これではまるで、何かの罰みたいですよね。痩せたいからなのでしょうか。大会で優勝したいからなのでしょうか。

 理由は人それぞれで、何でもいいと思います。わたしはブログを運営しているので、ツイッターを続ける目的や理由は「ひとりでも多くの人にブログを読んでもらえるよう、ツイッターを通じてブログのことを広く知ってもらう」ということになります。

たとえツラくても、これも「ブログの人気を上げるためだ」、「ブログで稼ぐためだ」と明確に動機づけができるなら、不思議と頑張れるものです。

 ツイッターを続けるための、明確な目的を設定しましょう。

ツイッターを届ける相手を明確にしよう

 ツイッターを続ける目的を明確にしたら、次のステップに進みます。今度はそのツイートを、実際にだれに届けたいのか、メッセージをだれに伝えたいのかを明確にしましょう。

 なぜなら、届ける相手が明確になればなるほど、さらにモチベーションを保ちやすくなるからです。

 繰り返しになりますが、ツイッターを始めた当初は、ツイートをしてもなかなか反応がありません。ツイッターの広大の世界には、想像を絶する数の人々がいるはずなのに、独りでパソコンやスマホに向き合い、言葉を投げかけても、何の反応もない。これ、結構さみしいものです。

 でも、顔の見えない不特定多数の人を相手にするから、送り先の顔が見えずに不安になるだけなのです。もし相手の顔が明確に見えていれば、不思議と不安感が和らぐのです。ぜひいちど、試してみてください!

 私の場合は、次のようなテーマでブログを運営しています。

 「アラフィフになってもブログの運営スキルを身につければ、知識ゼロの状態から自力で稼ぐことができるようになる」

 なので、ブログ運営を目指している同世代のアラフィフのみなさん、そしてもちろん、アラフィフに限らず、これからブログを始めようとしている方、始めたばかりの方のことを考えながら、彼らの役に立つ情報を提供することを第一に続けています。

 もっと分かりやすく対象を絞るとすると、「過去の自分」ですね。「ブログ運営を目指している同世代のアラフィフ」。これ、まさに過去の自分です。

 メッセージを送る相手が明確になれば、送るメッセージも明確になります。相手がどんな人か想像しやすくなればなるほど、何を書けばいいのか明確になるので、書く内容に迷いがなくなり、モチベーションも維持しやすくなります。

 さらにいいことがあります。

 メッセージを送る対象が明確なら、相手がどんな情報を欲しているか、よく分かるはずですよね。必然的に、そのメッセージは相手の心に、一段と届きやすくなります。

 立場を置き換えてみると、分かりやすいですよね。自分の立場に近い人が、自分の欲する明確なメッセージを送り続けているのに気づいたら、「いいね」や「フォロー」をしたくなりますよね。そうすると、徐々にではありますが、反応が増えてきます。

 ほら、やる気になってきましたよね。ツイッターでメッセージを伝える相手を、頭の中で明確にしましょう。

ファンを大事にしよう

 あなたのツイートにリプや引用RTをしてくれた方に、真摯にお礼をしましょう。

 まだフォロワーも少なく、ほぼ無名の存在に過ぎないあなたの投稿をしっかり読んで、わざわざリアクションをしてくださった方です。

 たとえ1人でも、たとえ匿名の方でも、自分の投稿を読んでくださる方がいると思うと、俄然やる気が出ますよね。

 今後も継続的に読んでくださる可能性もあります。このままあなたのファンとなり、「いいね」やRTをしてくださるようになれば、あなたの投稿がより多くの方に読んでもらえることになります。

 そうなれば、あなたの投稿へのリアクションは一段と増え、モチベーションがさらに高まるという好循環が生まれますよね。

 わたしもフォロワーの数がまだ100人前後のとき、次のようなツイートをしました。目の前の出来事に一喜一憂せず、長期的な目標を持つとストレスも減りますよね、という内容です。

 すると、フォロワーの方からリプがあり、投稿内容への共感を示してくださったのですが、そのときの喜びは格別でした。

 「ああ、だれかの役に立っている」

 この感覚は、何者にも代えがたい。フォロワーが少ないうちは、このように嬉しい反応をいただける機会も少ないのが現実です。

 でも、一つ一つの小さな反応の積み重ね、その反応への真摯なリプの繰り返しが、結果的にフォロワーの増加へとつながり、モチベーションは際限なく上がっていきます。

 ほら、やる気になってきましたよね。ツイッターでメッセージを伝える相手を、頭の中で明確にしましょう。

まとめ

ツイッター初心者が、フォロワーが少ない中でも心折れずに継続することのできる方法を3つ紹介してきました。

  • ツイッターを続ける目的を明確にする
  • ツイートを届ける対象を明確にする
  • 自分のファンを大事にする

 まずはこの3点を徹底し、できれば毎日、コツコツとツイートをしていきましょう。そのうちにフォロワーが増え、反応も多くなり、ツイートするのが少しずつ楽しくなってきますよ。

  ほら、やる気になってきましたよね。ツイッターでメッセージを伝える相手を、頭の中で明確にしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました